文字アイコン

BOOK LINK2
HOME> LINK1

LINKサイト

素材リンク
素材フリー WEB素材のフリーサイトなどを紹介しています
素材フリー

自然言語(しぜんげんご、英: natural language)とは、人間によって日常の意思疎通のために用いられる、文化的背景を持って自然に発展してきた言語である。分類として、音声言語と文字言語、口頭言語と書記言語、口語と文語といったような分類があるが、いずれも似ているようだが着目点や対比軸が異なる分類であり、混同してはならない。また、以上のような分類がいずれも当たらない言語もあり、例えば日本手話がそうである。

キャラクター素材 キャラクターの素材アイコンなど
キャラクター素材

音声言語(おんせいげんご)とは、聴覚を利用する言語。ヨーロッパで成立した近代言語学では人類の言語の発生、並びに本質は音声言語であるとされる。これを音声言語中心主義という。(ヨーロッパ構造主義の祖となった、ソシュールに始まる言語学を一般に近代言語学と言うが(現代の世界的な言語学はその後のチョムスキーによる影響が大きいが)それを「ヨーロッパで成立した近代言語学」とし、ポスト構造主義の代表的哲学者と一般に位置づけられているフランスの哲学者ジャック・デリダが、その言語学では「人類の言語の発生、並びに本質は音声である」としていると主張し(言語の発生が音声からであるのはほぼ自明でわざわざ指摘するまでもなく、一方の本質とは何なのかはよくわからないが)、それを音声言語中心主義(en:Phonocentrismのことで、ロゴス中心主義(en:Logocentrism)からの転なので誤訳。正確には音声中心主義)であると批判している、という話であり、一般的な文脈ではない)音声は1次元的(リニア)に認識されるため、聴覚で認識した順序でコミュニケーションが行われる。その際、音声の高低・強弱とその変化、音質、ポーズなど独特の特徴が見られる。音声言語はこれらの特徴を持つ言語である。 音声は言語音と非言語音に分けられる、非言語音とは、うめき、咆吼など、単位に分けられないものを指す。音声言語という場合、言語音を中心に考えるが、非言語音も分析の対象になることがある。

アイコンフリー アイコンのフリー素材などを紹介しています
アイコンフリー

文字言語(もじげんご)とは、文字を媒介とする言語。一般に音声言語から派生するとされるが、単に音声言語を文字化したものではなく、文字の諸用法のために独自の性質を持つ。例えば語の分節、書き分けのためにスペース、改行などの特徴を持つ。文字言語は文語とは異なる[1]。また書記言語とも同様に異なる[2]。しかししばしば曖昧に用いられる。

キャラ素材 色々なキャラアイコンの紹介をしています
キャラ素材

口頭言語(こうとうげんご)とは話し手と聞き手との間で、口頭の音声を用いてコミュニケーションすることを典型とする言語変種の一つ。子供が半ば自然に習得するものであり、文字の教育によって習得される書記言語とは区別される。また文章を書くのではなく口で話す際に用いられる言葉遣いを一般に口語といい、口頭言語との概念の差異は不明瞭である。口頭言語は典型的には音声を媒介にする音声言語として現れる。このため両者はしばしば曖昧に用いられる。しかしまれに口頭言語をある程度文字化することもできる。

ホームページ素材 色々なホームページの素材です
ホームページ素材

書記言語(しょきげんご)とは、文字を媒介とすることを典型とする言語変種の一つ。一方書き言葉(かきことば)とは、日常会話ではあまり使われず、主として文章を書くときに使われる語句や語法のことである。一般に口頭言語から派生するとされるが、書記言語は発明されるものであり、子供が自然に習得する口頭言語や手話言語とは区別される。書記言語は社会における役割の違いから、同じ言語集団内でも口頭言語と異なる言語変種をなす。また文章を書く際に用いられる言葉遣いを一般に文語といい、書記言語との概念の差は不明瞭である。

キャラ素材 色々なキャラアイコンの紹介をしています
キャラ素材

口語(こうご)とは、普通の日常的な生活の中での会話で用いられる言葉遣いのことである。書記言語で使われる文語と違い、方言と呼ばれる地域差や社会階層などによる言語変種が応じやすく、これらと共通語などを使い分ける状態はダイグロシアと呼ばれる。

顔文字素材 色々な顔文字の素材です
顔文字素材

文語(ぶんご)とは、文章、特に文学で使われる言葉遣いのこと。言語によって口語の言葉遣いとあまり変わらなかったり、別の言語とされるほど異なったりする。差異の大きい状態はダイグロシアと呼ばれる。

無料写真素材 無料の写真素材サイトなど
無料写真素材

ダイグロシア(英: diglossia)とは、ある社会において二つの言語変種もしくは言語が、互いに異なる機能を持って使い分けられている状態のこと。二言語使い分け、二言語変種使い分けともいう。ギリシア語でバイリンガルを意味する フランス語訳である diglossie を元にした造語である。バイリンガル(bilingualism)も似たような意味を持っていたが、社会言語学の専門用語として別々の意味を持つようになった。

ロゴ作成 簡単にロゴを作成することができるサイトなど
ロゴ作成

言語変種(げんごへんしゅ)とは、方言の概念を拡張したものであり、同一言語内における特定の集団(もしくは個人)によって話されている様々な言語ヴァリエーションを指す。社会言語学において用いられる用語であり、英語 variety of language の訳語である。ある言語の話者はいくつかの言語変種を習得しており、TPOによって言語変種を使い分けているのが普通である。言語変種は集団への帰属意識、連帯感、自己アイデンティティなどに関連すると考えられている。東京において偶然出会った同郷出身者同士は同じ地域変種で話すことによって連帯感を育むのがその例である。

ホームページ作成 ホームページを簡単に作成することができる方法など
ホームページ作成

文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。

アイコンの素材 アイコンの素材などです
アイコンの素材

文芸評論(ぶんげいひょうろん、英語: literary criticism)とは、文学を評論すること。文芸批評、または文学研究とも言うが、評論の対象や手法が多様なため、定義は曖昧である。小説家や作品に限らず文学とその周辺全般が扱われ、学際的な性格を持つ。研究対象の性格によっては、文芸または文学という呼称がふさわしくないこともある。近現代の文芸評論は活字で提供されることが多いが、インターネットなど技術の発達とともに多様化してきた。学会誌に掲載される論文に限らず、週刊誌や新聞の書評欄に載るブックガイドの類も文芸評論と呼ばれる。

キャラクターなど キャラクター商品などです
キャラクターなど

文学理論(英語: literary theory)とは、文学とは何かを構築するための理論である。文芸批評とは異なり、個別の作品の読み方ではなく、そもそも文学とは何か、あるいは何を目指すものか、どのように構成されているか、という根本的な問いを探求するものであり、作品の批評とは通常区別される。

文字アイコンその他

ロゴや文字アイコン次へ