文字アイコン

アイコン
BLOG MOZI1
HOME>

ロゴや文字のサンプルアイコン

ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます!
色々なロゴや文字の無料サンプルホームページです。
お時間がございましたらごゆっくりしていって下さい!お願いします。

文字アイコン

アイコン (英語 icon) は、物事を簡単な絵柄で記号化して表現するもの。アメリカの哲学者パースによる記号の三分類の一つ。コンピュータ上の記号表記を指すことが多い。コンピュータにおけるアイコンはプログラムの内容を図や絵にして表しているもので、16×16ピクセル~128×128ピクセルほどの大きさの画像で表示されることが多いらしいです。

文字アイコン
文字アイコン一覧
YESアイコン| NOアイコン| OKアイコン| Nothankyouアイコン| Rightアイコン| Leftアイコン|

言葉アイコン
燃える言葉アイコン一覧
燃える言葉|

光が流れる文字アイコン
Clickアイコン一覧
Clickアイコン| Backアイコン| strongアイコン| weakアイコン| monthアイコン| yearアイコン|

ロゴアイコン

ロゴタイプ (logotype) は、図案化・装飾化された文字・文字列のことで、団体名、商号、商品名、雑誌名、書名などを印刷・表示する際に使用される。ギリシア語のロゴテュポスに由来し、ロゴ = 言葉、タイプ = 活字からなり、本来は1単語のための連字活字を意味した。ロゴタイプとマークを合わせて図案化したものは、ロゴマークと呼ばれるそうです。

ROGOアイコン |

素材サイト 欲しい素材が色々みつかる!

ホームページを作るときなどにどうしても欲しいWBE素材が見つからないときにオススメの素材ショップ、素材屋さん。

シャッターストック

シャッターストック シャッターストック
WEB素材を探しておられるなら、なかなかみつからないなら!
世界中から寄せられた4,000万点以上の写真、イラスト、動画を提供!
毎日追加される高解像度画像からインスピレーションを得ましょう。
クリエイティブなプロジェクトに必要な素材がそろっています。
そしてあなたは出会ってしまう、運命の素材に。

写真素材 PIXTA

写真素材 PIXTA 写真素材 PIXTA
ピクスタ、プロ向け、WEBデザイナー向け、高品質な写真素材が1枚540円~
高品質な写真、イラスト素材を、低価格でご提供!
870万点以上の豊富な素材点数あり!
日本人の写真素材などを中心に、国内ユーザー向けの素材が充実しています!

ネットショップ開業

ネットショップも簡単に作れる時代になりました。今やネット販売は小売店にはなくてはならないもの、しかも無料で作れたり、簡単に作れるなら!

オンライン書店とは、インターネット上にある書店である。ネット書店とも呼ばれる。本を買うにはタイトル・著者・ISBN等で検索をしてから買いたいものを選び、買うこと本を確定させてから住所・電話番号・メールアドレスを入力して最後に決済をすることが多い。メールによって出荷・到着日時を知らせてくれることがある。書店にアクセスするとおすすめを表示されている場合がある。利用には会員登録を必要とする事が多い。メリットは利用者からすると本を沢山買っても玄関まで運んでくれるので重たい本を家まで運ばなくて済む、クレジットカードを使える場合には決済が短時間で済む、近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる点が上げられる。書店からすれば実際の店舗が無くても良いので対面での接客をしなくて良い・通信と輸送手段があればどこでも開業できる(実際の店舗を設けるとなれば人通りの少ないところでは難がある)・窃盗の心配がない、在庫を大量に抱えなくても出版社や卸から取り寄せればよいと言った点を上げられる。実際には店舗を持ちつつオンラインでの注文も受けることもある。この場合にはネット利用者を取り込める・在庫になっている本を買ってもらえると行った点がメリットになる。

オンラインDVDレンタル(オンラインディーブイディーレンタル)とは、インターネットを使ってDVDをレンタル出来る宅配サービスである。1998年、米ネットフリックスによってサービスが開始された。アメリカ合衆国では、ネットフリックスとレンタルビデオ大手のブロックバスターが2強を形成、イギリスではAmazon.comがサービスを行っている。

ネット問屋(とんや)とは、メーカーから小売店まで商品が流通する過程に存在する様々な商慣習によって複雑になった中間流通部分を、インターネットを使い効率化・システム化したサイト、またはその運営会社の呼称を指す。ネット上に開設された問屋の販売システム上では、問屋が持つ機能である情報の伝達や決済までを行う。BtoBサイト、仕入れサイト、卸売りサイトなどとも呼ばれ、インターネットの普及や消費者向けECサイトの盛り上がりとともに、一般化。特にアパレル・雑貨や、食の分野で展開が広がっている。会員となった小売店はサイトに出展されている企業の中から気に入ったものを選び出す。画面から注文をするとそのデータが直接出展企業に届き、商品が出荷される。代金はネット問屋が小売店から回収し、ネット問屋からメーカー・問屋に支払われる流れとなる。

ネット配信(ネットはいしん)とは、広域ネットワークを経由してデータを求めるユーザーの元に送信するサービスをいう。WEB配信、オンライン配信、デジタル配信などとも言われる。マルチメディア関連のコンテンツのデジタル化が急速に進んだうえ、ネットワーク通信・メディア再生ともに機器の性能やインフラの整備が格段に向上したことから、高音質・高画質の映像や音楽などの音声コンテンツデータをネットワークを通じて配信することが可能になった。こうした流れの中で、ネットを通じた映画の配信も行われるようになった。また、アニメやドラマの有料配信もされている。映画のネット配信はユーザーにとっては歓迎すべき状況だが、製作者側の立場に立ってみれば課題も多い。課題としてよく挙げられるのが、著作権をどう守っていくかということと、課金システムをどう整備していくか、である。

ダウンロード販売(ダウンロードはんばい、英語: Digital distribution)とは、電子商取引の一種で、インターネット(オンライン)上での商品販売方法の1つである。デジタル販売・デジタル流通・デジタル配信などとも呼ばれる。 取り扱う商品は、音楽、画像、動画、ゲームソフト、ソフトウェアなどのデジタルデータを対象とする。決済はプリペイドカード、電子マネー、クレジットカード、銀行振込、コンビニエンスストアでの決済、販売店舗専用のポイントなどを利用する。購買の流れはインターネットショッピングと同じく、購買者はデータ販売サイトで商品となるデータの購入を確認するページに移動した後、購入を認証することによって契約が成立し、購入者はデータをダウンロードする権利を得られる。

さて、あなたはどんなネットショップを開業しますか?

無料ネットショップ開業 BASE

無料ネットショップ開業 無料ネットショップ開業
ネットショップ作成が、今までで1番簡単に。
ネットショップをつくるのに、もう勉強とお金は必要ありません。
今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で
始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。
現在20万店舗が登録し、国内最大級のネットショップサービスです、
ぜひこのサービスをお試しください。

Facebook対応のネットショップ作成サービス easy myShop

Facebook対応のネットショップ作成サービス Facebook対応のネットショップ作成サービス
無料出店できるネットショップ【イージー・マイショップ】
ネット販売の初心者でも簡単にネットショップを開業できます♪
Facebookショップやスマートフォンショップも同時に自動作成。
☆☆☆今なら有料版が60日間無料お試しキャンペーン中☆☆☆

その他オススメ

インターネットサービスにはいろいろなものがありますよね。色々見ていたら意外と使えそうなWEBサービスって多いですよね。そんな中からオススメのネットサービスをご紹介!これは使えるかも!

いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス セカイVPN

セカイVPN セカイVPN
セカイVPNはネットの規制を解決。
旅行で訪れた国でいつも見ている動画やWebサイトが見れないアプリが使えないを解決。
「セカイVPN」であなたのプライバシーを通信時に守ります。
無料Wi-Fiアクセスポイントでハッカーはこっそりあなたの個人情報を簡単に盗み見ます。
「セカイVPN」は日本や世界各国のIPアドレスを選んで使えるIP共有型のVPNサービスです。
お使いのインターネット環境から
各国のセカイVPNサーバーに接続して、お好みの国のIPアドレスを使用できます。
セカイVPNで接続後のインターネットアクセスは、全てセカイVPNサーバーを経由して行われます。
さらに無料オプションのアプリセカイブラウザも用意!
こちらは面倒な設定不要で、起動するだけで超カンタンに日本のIPアドレスが使えるブラウザアプリです。
世界各国へ3分でVPN
日本、アメリカ、韓国、ドイツ、台湾のIP
月額1000円。最大2ヶ月無料体験

文字アイコンその他

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定は、1960年1月19日に、新日米安保条約第6条に基づき日本とアメリカ合衆国との間で締結された地位協定、略称日米地位協定(にちべいちいきょうてい、U.S. - Japan Status of Forces Agreement, SOFA)。主に在日米軍の日米間での取り扱いなどを定める。
日米地位協定
前 文
日本国及びアメリカ合衆国は、千九百六十年一月十九日にワシントンで署名された日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条の規定に従い、次に掲げる条項によりこの協定を締結した。
第1条(用語の定義)
この協定において、
a 合衆国軍隊の構成員とは、日本国の領域にある間におけるアメリカ合衆国の陸軍、海軍又は空軍に属する人員で現に服役中のものをいう。
b 軍属とは、合衆国の国籍を有する文民で日本国にある合衆国軍隊に雇用されこれに勤務し、又はこれに随伴するものをいう。この協定のみの適用上、合衆国及び日本国の二重国籍者で合衆国が日本国に入れたものは、合衆国国民とみなす。
c 家族とは、次のものをいう。
1 配偶者及び二十一才未満の子
2 父、母及び二十一才以上の子で、その生計費の半額以上を合衆国軍隊の構成員又は軍属に依存するもの
第二条(施設・区域の提供と返還)
1a合衆国は、相互協力及び安全保障条約第六条の規定に基づき、日本国内の施設及び区域の使用を許される。個個の施設及び区域に関する協定は、第二十五条に定める合同委員会を通じて両政府が締結しなければならない 「施設及び区域」には、当該施設及び区域の運営に必要 。な現存の設備、備品及び定着物を含む。
b 合衆国が日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定の終了の時に使用している施設及び区域は、両政府がaの規定に従つて合意した施設及び区域とみなす。
2 日本国政府及び合衆国政府は、いずれか一方の要請があるときは、前記の取極を再検討しなければならず、また、前記の施設及び区域を日本国に返還すべきこと又は新たに施設及び区域を提供することを合意することができる。
3 合衆国軍隊が使用する施設及び区域は、この協定の目的のため必要でなくなつたときは、いつでも、日本国に返還なければならない。合衆国は、施設及び区域の必要性を前記の返還を目的としてたえず検討することに同意する。
4 a合衆国軍隊が施設及び区域を一時的に使用していないときは、日本国政府は、臨時にそのような施設及び区域をみずから使用し、又は日本国民に使用させることができる。ただし、この使用が、合衆国軍隊による当該施設及び区域の正規の使用の目的にとつて有害でないことが合同委員会を通じて両政府間に合意された場合に限る。
b合衆国軍隊が一定の期間を限つて使用すべき施設及び区域に関しては 合同委員会は 、 当該施設及び区域に関する協定中に、適用があるこの協定の規定の範囲を明記しなければならない。
第三条(施設・区域に関する合衆国の権利)
1 合衆国は、施設及び区域内において、それらの設定、運営、警護及び管理のため必要なすべての措置を執ることができる。日本国政府は、施設及び区域の支持、警護及び管理のための合衆国軍隊の施設及び区域への出入の便を図るため、合衆国軍隊の要請があつたときは、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で、それらの施設及び区域に隣接し又はそれらの近傍の土地、領水及び空間において、関係法令の範囲内で必要な措置を執るものとする。合衆国も、また、合同委員会を通ずる両政府間の協議の上で前記の目的のため必要な措置を執ることができる。
2 合衆国は、1に定める措置を、日本国の領域への、領域からの又は領域内の航海、航空、通信又は陸上交通を不必要に妨げるような方法によつては執らないことに同意する。合衆国が使用する電波放射の装置が用いる周波数、電力及びこれらに類する事項に関するすべての問題は、両政府の当局間の取極により解決しなければならない。日本国政府は、合衆国軍隊が必要とする電気通信用電子装置に対する妨害を防止し又は除去するためのすべての合理的な措置を関係法令の範囲内で執るものとする。
3 合衆国軍隊が使用している施設及び区域における作業は、公共の安全に妥当な考慮を払つて行なわなければならない。
第四条(施設・区域の返還のさいの無補償)
1 合衆国は、この協定の終了の際又はその前に日本国に施設及び区域を返還するに当たつて、当該施設及び区域をそれらが合衆国軍隊に提供された時の状態に回復し、又はその回復の代りに日本国に補償する義務を負わない。
2 日本国は、この協定の終了の際又はその前における施設及び区域の返還の際、当該施設及び区域に加えられている改良又はそこに残される建物若しくはその他の工作物について、合衆国にいかなる補償をする義務も負わない。
3 前記の規定は 合衆国政府が日本国政府との特別取極に基づいて行なう建設には適用しない。
第五条(公の船舶・航空機の出入国、施設・区域への出入権)
1 合衆国及び合衆国以外の国の船舶及び航空機で、合衆国によつて、合衆国のために又は合衆国の管理の下に公の目的で運航されるものは、入港料又は着陸料を課されないで日本国の港又は飛行場に出入することができる。この協定による免除を与えられない貨物又は旅客がそれらの船舶又は航空機で運送されるときは、日本国の当局にその旨の通告を与えなければならず、その貨物又は旅客の日本国への入国及び同国からの出国は、日本国の法令による。
2 1に掲げる船舶及び航空機、合衆国政府所有の車両並びに合衆国軍隊 。の構成員及び軍属並びにそれらの家族は、合衆国軍隊が使用している施設及び区域に出入し、これらのものの間を移動し、及びこれらのものと日本国の港又は飛行場との間を移動することができる。合衆国の軍用車両の施設及び区域への出入並びにこれらのものの間の移動には、道路使用料その他の課徴金を課さない。
3 1に掲げる船舶が日本国の港に入る場合には、通常の状態においては、日本国の当局に適当な通告をしなければならない。その船舶は、強制水先を免除される。もつとも、水先人を使用したときは、応当する料率で水先料を支払わなければならない。

ロゴや文字アイコン次へ

探しものが見つからないならグーグルカスタム検索